--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2017/07/11.Tue

『#いいねした人のペン回しの感想をブログで』回答編 その1

ツイッターでやった企画の回答編です。そのパート1。

全部で30人近くいましたが、いっぺんに書ききれなかったので、とりあえず書けた方々の分だけ投稿します。順不同です。ふぁぼの順とか関係ありません。
エンジョイ勢、ガチ勢、色んな括りがあると思いますし、色んな楽しみ方があるので自分の言ったことが響かない、的外れ、色々あると思います。
参考になると思えば取り入れていただいて、そうでなければ戯言と読み流していただいて構いません。
ちなみに思いつくままに書いているので、「まず褒めて、次に改善点示して、最後に褒めるといいんだよ!」みたいなカウンセリング的な手法も特に行っておりません。

ああした方がいいこうした方がいいと、人によってはあれこれ上からモノ申しておりますが、傷つけるつもりも毛頭ありません。それを承知でお読みください。
Reyno
先日、大技の方がいいのではとツイートしたが、インフィスタイルだとウィンドミルとパスのバリエーションが少ないと感じるためでもある。
ぶん回す?という表現がいいか不明だが、大技とインフィを組み合わせたほうがReynoさんの荒々しさを活かせると思う。これはmind、ippei、Beigeらの綺麗なインフィ?が前提としてあるからかもしれないが…。
ちなみにReynoさんはFSの秒数が短いので、そもそもFS自体が印象に残りにくい。
見せたい技を増やして、1つのFSの中に複数入れられるようにすべし。

esaya
前衛的なFSを組むことが多いが、今一歩抜け出せてない感がある。
基礎力があるだけに、発想を活かし切れていないのが勿体ない。
CV用としてFSを組むなら、一般的なFSの要素は外さないようにしつつ、誰もやらないであろう技を入れると、その特異な技が際立つようになると思う。これは適宜誰かの意見を取り入れつつ修正する必要があると思う。
真っ白な環境は非常にいいので、これは逆に変えてはいけない部分。

Spicaさん
昨年と比べるとキレが増したのが非常に好感。
ただ時計回り(左手なのでソニックリバース回転)で回している時間が長いのは、見ていて飽きやすい印象を持たれる。反時計回り(ソニック回転)の技のバリエーションをもっと増やすといいか。
またキレがあるだけに、手のひらを返したり伏せたりする動きが多いと、全体的にせわしない画となり、ペンのキレも際立たなくなるので注意。
似たようなスタイルだとSangkm13thのFlipが参考になるか?

EXCさん
大技中心のFSでは、大技をFSに入れ過ぎてもよくない、というのが個人的な持論。
詳細はブログでも以前書いたが、回転方向が常に一緒なのと、それに合わせて動く手の動きが一定のテンポになりがちであるため、FSとしての面白味には欠けやすくなるためである。
大技の成功率は高いだろうから、今の大振りな状態から、動きを小さく、コンパクトにも出来るようにすると、1つのFSの中でもテンポ・緩急の差を見せやすくなると思われる。
大技のスタイルであれば、アラウンド・マルチプルも鍛えておいたほうがいいのではないか。

hashさん
今さら何を言えばいいのか…。VPスピナーに限らず、円軌道をキレイに描くことにおいて右に出る者はいない。
ただ個人的には円軌道よりも、手つき、指使いに無駄がない点、スピーディ―なパスの中に意外性のある技を挟んでくることができ、どの系統の技を行っても高水準の完成度で見れることがレベルの高さを感じる部分。
hashさんのVPスタイルの延長線上にどんなFSがあるのかはもう自分にはわからないのだが、もし世界大会に出て勝つことにこだわったらどんなスタイルになるの?って言う興味はある。

pARuさん
非常に滑らかで、マルチプル、パムスピ、バクライといった離れ業をFSに組み入れることに抵抗がないのは、今後の方向性として非常に期待が持てる。この系統の開拓は引き続き行っていくべきで、「pARuさんしかやったことない」と思われる技が出来ると強い。
熟練度の点で言えば、パスでもアラウンドでもガンマン系でも手が動きすぎてしまうので、落ち着いてペンの動きや技運びを見ることができないのが勿体ない。表現として緩急も意識しているようであるから、大技とそうでない技との対比を明確にするとよりFSに彩りが生まれるように思う。
構成としては、始動と〆付近に大技が偏りがちで、中盤の構成で凡な技に留まりがちなのが気になるところ。

Sivaさん
JEBでも珍しい海外スピナーに近いスタイルで、非常に個性的。加えてJEBスピナー特有の安定感も兼ね備えているので、見ていて非常に安心ができ、CVにいるとそれだけで世界観が変わる。
インフィ中心のFSのときも独特な技運びをするので、インフィニストではないと思う…。
構成とか考えているのかよく分からんくらいマルチプルとインフィをゴリ押してくるパワータイプと思ってる。

cafcaさん
全体的な完成度や技の熟練具合がある程度確立されつつあるので、CVの中で見ると一定の安心感は得られる。
よりいいFSを組む、という点では、技のバリエーションをもっと増やした方がいいと思われる。
例えば、12ウィンドミルリバース→リバースが大抵のFSにも入っているが、これはもう次の段階へ発展させていい技である。cafcaさんの技術では物足りなさを感じる技のひとつである。
ソニックひねりや単純なピボット・パスが多いが、cafcaさんだったら、そしてG3を使うのであればもっと色々出来るだろう。

Rocket0Pさん
ダークな環境が独特でいいのに、アングルがイマイチ見にくいのがまず感じる部分。
スキップ系統を中心に組む技・構成共にRocket0Pさんにしかできないものであるため、個性を感じて非常に好きなのだが、時折完成度に?が浮かぶ仕上がりになっているのが本当にもったいない。技の繋ぎ目でペンの動きが止まって見えることがあるため、円軌道で回転させながら技を繋いでいくことを意識すると印象が変わると思う。

志筑さん
最近の『X-Ⅱ Houten』では、今のスピナーにはない「滑らかさ」における技術力の高さを見ることが出来て興奮した。
スプレッド、アラウンドのキレはさることながら、それらの大技から展開していくFSと荒々しさがある中にも滑らかなインフィが特徴的。
若手の中には知らない人もいるかもしれないが、見ておくべきスピナーの一人。

がおさん
今さら何を申し上げれば…(2回目)。
ひとつのFSの中で技のバリエーションも見せ場も非常に多いので見ていて楽しい。
曲げる指・伸ばす指の形で魅せる最古参の中でも滅多にいないスタイル。アラウンドの安定感は時代を先取りしすぎた感ある。
“Teada”時代の、これまでの指使いに加えてインフィと空中技がプラスされたスタイルがメチャ好き。


とりあえず11人。これで半分行かないくらいか?
残りの方々の名前もちゃんと控えてあるので、明日以降でしっかり書きますお待ちあれ。
ペン回し | Comments(1) | Trackback(0)
Comment
58?P

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。