2016/01/20.Wed

大喜利~少し真面目なことも書いてるよ~

①もしもウェイチャラ大学生、女子大生にペン回しが流行ったら

②もしも全国の大学にペン回しサークルがひとつずつ出来たら

③もしもペン回し協会が復活して、宣伝活動がそれなりに行われたら

暇な人はコメントまで。オモシロ回答待ってます

先日、慶応ペン回し研究会がテレビに出たってことで、「ペン回し流行れ~」という声もあり、個人的にも「知っている人増えたらそこそこ楽しくなるだろうな」とは思うんですが、実際に流行ったら流行ったでどうなるんだろ?とも思わず考える。

ペン回しが流行らない原因は、一つはペン回しそのものの問題と、ペン回し界の問題とある。後者はここで述べても仕方ない、というか多分皆読んでも「それだけのことをしなきゃいけないのなら別に流行らなくてもいいわ」と思うと思うのでまぁ書きません。


ペン回し、特技にするならまだしも、趣味にして長年かけて上手くなるとか、愛好するには結構大変なものだと思う。
少なくとも、「何にもならないペン回しの練習のためにわざわざ時間を作る」のがそもそものハードルとして高い。
周りに一緒に頑張る友人がいるならまだしも、ネット上に作りに行かない限りペン回しを趣味としている人はそういない。技が出来た喜びを共有できる人はリアルにはあまりいない。
リアルで頑張らなくても楽しい時間を過ごせる仲間たちがいるのに、わざわざペン回しのためだけにネット上に作りに行く必要はないであろう。

ペン回しを仕込むには、高校生くらいまでの、部活や勉強以外に時間があって、リアルでの人間関係以外に自分の居場所を見つけたい子達が限界のように思われる。

本格的な(?)ペン回しを大学生で初めて知り、そこからCVやら大会やらバンバン活躍する人をあまり聞いたことないのだが、それは要はバイトやらサークルやらで自分の居場所を見つけてそこで過ごす時間が長いからだろう。
友達とくっちゃべったりグダグダしたり、バイトで得た金を、自分の好きな音楽、お洒落な服、美味しい食事、テーマパークに使う時間があり、高校生から比べてみれば遥かに自由で、やりたいことを何でもできるような世界である。

最近はファッションでアニメを見る、漫画を読む大学生がいる、とのことだが、ペン回しは練習しなきゃ出来るようにならない。与えられるものを消費するのは簡単だが、自分で何かを身に付ける、となるとそれ相応の努力が必要である。その労力は大学生にとってみればペン回しは明らかに見合っていない。

だが特技の一つとしてちょっと身につけるのであればまた話は変わってくる。
去年の秋には慶応ペン回し研究会にお邪魔した。初めてお邪魔したが、教室を開けると男女問わずお客さんがわらわら入ってきてすぐ満席となってしまった。
その日はあまり多くなかったようで、去年は「スピナーの方々に手伝ってもらわないとお客さんサバけないんですよ」と代表の子が言うほど活況なのだという。

「ちょっと技の一つ位覚えてみようかな」という人は割といるようだ。興味本位で覗く大学生、昔ちょっと練習してたというお父さん、ボケ防止でとおじいさんおばあさん。

そういう「ちょっと一個だけ」の人たちを、いかに「もういっこ、じゃあまた別の技を」と思わせられるかが、趣味、愛好レベルにまで引き上げられるかであるように思う。


じゃあ高校生、中学生にとって、どうすれば「ペン回しを覚えてみようかな」と思ってもらえるのか?

今は昔と違い、スマホで何でも調べられ、どこでも誰とでもつながれる時代だ。
まず調べ物をする、となると、やはりウェブブラウザで検索をかける、もしくはYouTubeでダイレクトに検索するか。

ウェブだとEaseさんの「ペン回しの空間」がまずトップに出てくる。(今は「資料室」ではないのだ!)

ペン回しの空間:http://pen-spinning.appspot.com/


YouTubeでは大学生による「あきらのペン回し教室」、Kayさんのチャンネル、「犬でもできるペン回し」が出てくる。

あきらのペン回し教室:https://www.youtube.com/user/Akirahbb1127
Kay:https://www.youtube.com/user/PenspinningTutorialK
ペン回しのやり方!犬でもできるペン回し講座!:https://www.youtube.com/user/basuramu001

ペン回しの空間の訪問数は特に表示がないので不明だが、YouTubeの各チャンネルでは再生回数が結構多い。
Kayさんと他の二人のチャンネルでは大きく違っており、Kayさんのものは動画を文章で解説、その他お二方はリアルタイムで技を紹介しながら肉声で解説している。
1本あたりの再生数ではKayさんのチャンネルが圧倒的に多い。確かな実力もあり、かつチャンネルの整理され具合が他お二方とはるかに違う。

だが動画に対するコメントは、その返信率や接しやすい返し方(?)から見てお二方の方が多い。
赤の他人ではあるし、丁寧に固く返すのも仕方がないのではあるが、相手は高校生中学生で、少し軽い感じで返事をした方が向こうからグイッと乗ってくるようには思う。礼儀を欠いていたらちょっと…ではあるが。

いくら正しいことを言っても、相手が「おー、もうちょっと頑張ってみよう」という気にならないと意味がない。


YouTubeにJEBかペン回し団体の名を使ったチャンネル作って、コメント係みたいなのを選任して一人一人丁寧に対応していけば、将来有望なスピナーもゾロゾロ出てくるんじゃないかと思う。

フワフワっとしたお話ではあったけど、一旦この辺で。
初級者を教える仕組みが出来たら、ある程度ペン回しの練習はもういいかなって人にとってはFSやCVの他にもペン回し界での楽しみ方が見いだせるんじゃないでしょうか。

自分の得意分野で人の役に立ってみたいでしょう?
ペン回し | Comments(5) | Trackback(0)
Comment
No title
①ペン回し研究会が乗っ取られてヤリサーに進化する
No title
②単位落としてもペンは落とすな みたいな内輪ネタが流行る
No title
②物理学的にペンの軌道を解析し挑戦するも上手くいかず、結局ひた練が最良という結論に達する
No title
今のペン回し人口でさえも化け物級に上手い人がいるのに
このまま人数が増えたらめのわさんやmesiさんみたいな人が量産されるのかな?と日々考えています。。。
①、②
その後ヤリサー勢のなかで隠語が流行るとこまで読めました

例)「昨日のSpinnining Partyは1p2hだった上にマルチプルアラウンドで大変だったわ~」
「えっ、グリップ破けてた……?」
「あたしの彼氏、夜はとってもPowerspinなの」


②理論と実践のバランスは大事だと思いますが物理学的にやる必要はないでしょうね笑
数値出されても訳ワカメです笑


うぃきさん
Menowaさん、Mesiさんレベルがゴロゴロ出てくる世代、出来たらなかなか楽しみです笑
じゃぺんの候補いすぎて今年誰なんだよ!?とか、落選動画でも十分なクオリティーのCV作れるとか、ナランハは大技祭りで全員ノーミスとかとか笑

レベル高い人達が増えれば観戦サイドからしてみればそれだけワクワクしそうです笑

ただそんだけの動画がゴロゴロ転がるとうぃきさんの拾い制作ペースも大変なことになるでしょうね笑

管理者のみに表示
« 告知 | HOME | JapEn11th感想 »