--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2017/07/14.Fri

『#いいねした人のペン回しの感想をブログで』回答編 その2(終)

えっと…ツイッターでやった企画の回答編パート②です…。これで全員だよね…?おじさん超疲れたよ…。
■Makinさん
KT→VPとペンの変遷はあるものの、FS中の手の形は非常に画になると常に感じる。
Twitterでは基本技をキレよく回している動画をよく見るが、CVで見るときにはそのキレある流れの中に何かしらアッと思わせる技を入れるので、毎回驚かされる。昨年出演した『spirexia.』でも始動部分のワンポイントある技で一気に引き込まれた。
円軌道を描かず、弾く前に若干動きがとまる12チャジガトが好き。VPになってからほとんど指が動かずペンが自動的に動いていくように見えるようになったが、この技術は色んな人に真似してもらいたい部分。
ただたまにはKTでゴリゴリ回すのも見たい。

■chickenさん
パス技が非常に滑らかな点、全体的に勢いのある回しが出来ている点、VPでシャドウ、タップ、アラウンド、スプレッドといった幅広いジャンルの技を組み込めるのが好印象。
もともとKTを回していたせいか、終始手・腕がフラフラ動いているのが勿体ない。全ての技を指の動き・技術だけでなんとか回せるように出来るようにすることが課題かと思われる。
構成について言えば、パスの綺麗さは今後も存分にアピールできると思われるので、他系統の技をもっと入れて、ひとつのFSの演技の幅を広げられるようになるといいだろう。

■haOnさん(ソロビを見ての感想)
コリアンスピナーのコピー集か?と思うくらい、往来のコリアンのコンボが随所にみられるが、途中途中のチャージを交えた繋ぎや全体的な雰囲気はHaOnさん独自のもので、古典的コリアンと現代VPが折衷されているオマージュ系スピナー(?)か。
haOnさんは人差し指の形が特徴的だと感じていたが、このソロビでは控えめであった。
昨年の「Sephirot的うp祭り」のハーフフェイクトガンマンを用いたFSは秀逸であったので、あっと驚く小技を入れたFSを今後も見てみたい。

■Raphaelさん
綺麗に円軌道を回せている点がGood。綺麗にチャージを回せる人は少ないのでこの技術は武器になる。
CVに提出している動画ではテーマを絞っていることが多いように見受けられるが、そのテーマが数秒続くだけのFSにも見えてしまい、全体として見せ場が少ないように感じるのが惜しい。これだけ綺麗に回せるので、一定テンポで回す流れの中にも、ペンや指使いに、変化を感じられる技・動きがあるとその綺麗さも際立つようになると思う。例えば「Sephirot的うp祭り」のときの、綺麗に回り続ける中で指が矢継ぎ早に変化するFSはよかった。あれだけピボットしつつ繋ぎを滑らかに出来る方は少ない。
武器を活かしつつ、新しい流れ、構成、見せ方を取り入れていってほしい。あとはアングルは変えた方がいいか…、出来れば…。

■Mujinaさん
VPスピナーの中でも独特な雰囲気を感じる方の一人。
大きく派手な技は少ないが、堅実な回しをする。
最近の『Trash Toys Dream』では4シメソニやネオバフォールといった高難度の技も見られ、堅実な中にも細かいアピールがあるのがニクい部分。このFSについて言えば、ノーマルから45に飛ばす場面で大きく手がブレてしまったのが惜しかったのと、流れの中に一呼吸置く余裕があってもよかったかもしれない。
また、VPであればカメラはもっと近いほうが個々の技をアピールすることが出来ると思う。

■Fuminさん
勉強不足なものであまりFSを見たことがないのだが、Twitterに上がっている動画を見る限りでは大きな手のブレがないのが良いポイントか。ただどんな技が出来るのか、どんな構成を組めるのかが分からないので、本気で撮ったFSがどのようなものなのか見てみたい。もしあればコメントにURLをくだされば、それについてコメントすることもできるのでお願いしたいところ。

■堀井さん
ペン回しを始めたばかりの方でしょうか?ようこそペン回しの世界へ。
ペン回しの技はたくさん数があるし、FSを組むにも色々知らなければならないことがたくさんある。たくさん練習して、たくさん動画を見て技術の向上に励んでいただきたい。ペン回しは知れば知るほど、その奥の深さを、より大勢の愛好家と楽しむことが出来る素敵な趣味だ。
FSについて言えば、パスは滑らかに出来ていると思うので、この点についてはは自信を持っていただきたい。だが現状に満足せず、常に向上心を持って練習してほしい。

■Ayatsumeさん
昔から不思議なオーダーを組んでおり、色んな技を試そうとする姿勢は非常に見習いたい。ラダー、スキップ系の技、FLのガンマンを多用しているが、技を行う際の手の動きが若干大きすぎる気がしなくもない。
コンボ、オーダーの独自性があるだけに、その技に集中できる魅せ方が必要か。最近は左手も挑戦しているようで、日の目を浴びるのが待ち遠しい。

■iTizikuさん
KTで独特な指使いをする方で、その指の動きが非常に個性的という印象。
回している最中にペンがズレているのか、なんだかガタついて見えることがある。最近はボールサインを回すこともあるようだが、確かにKTよりは軽いペンの方が、ゆっくり回すうえで必要な力は少なくて済むのでペンのコントロールはしやすいように思う。
iTizikuさんが技を行う際、使用する指が多い割に回転数の少ない技を好んでいるため、なかなか映えづらいのが難点か。同系統のFSを組む方だとNoelさんの回しが参考になるかもしれない。
またCVで見るよりも、Twitterで上げている手持ちアングルのほうが映えてみえるので、手前から映すのもありかもしれない。

■Aroeさん
カッコよく撮れる環境というものがある程度決まっている、と自分は思っている。カメラ、日の当たり方、アングルなどなど…。Aroeさんの映像は明かりが当たっていないために「暗い」という感想がまず強い。環境を変えるだけで映え方が変わる方だと思う。
『COLORS』や『Milch』の動画を見ると、パスのレベルは低くないと感じるが、全体的に見どころが少ないのも事実。FSの秒数自体を長くして、もっと色んなコンボをFSに入れるようにしよう。

■Foxaさん(MARBLE落選動画について)
序盤は構成をしっかり組んでいたように見えたが、5秒の12チャージあたりからそれまでしっかり組まれていた構成と雰囲気が変わってしまったのが残念であった。FS全体でも9秒という短さであるため、これでは「このFSの何がいいのか、何がすごいのか?」といった印象が残らない。
序盤で構成をしっかり組んでいる様子を見ると、「始動の見せ場」~「中盤の見せ場」~「〆付近の畳み掛け」といった3つのフェーズに分けた上で、それぞれのフェーズで構成を組むといい。自分がやりたいコンボ、見せたいコンボを作り、それぞれのフェーズに当てはめて上手く繋げられるような形でオーダーを決めていくと、より印象に残るFSを作れるようになる。


--------
話は逸れるが、CV編集においては、出来るだけFSの始動と〆は切らないように使われることが多いのだが、それでも始動の1コンボ2コンボは音楽とのマッチングの都合上、切られる可能性がある。
CVにおける審査では、FSを単体で見るだけでなく、実際に音楽に乗せてみて、そのFSは流れに合うのか?並べてみて流れに違和感はないのか?といったことも見ている。編集の都合で始動が切られたのちに中盤で何も見せ場がないと、それだけでFSの評価が下がる可能性が大きいことは、頭の片隅に入れておくといいだろう。
---------

■MELさん
『MARBLE』の落選動画は今までのMELさんの中でもベストの動画だと思う。以前に比べて指だけでずいぶん回せるようになっているので、この技術は失わないようにしてほしい。この技術をキープしつつ、昔から表現していた派手さをいい形で取り入れられるとより化けそう。ただ画面の左寄りで映っているのは非常に微妙である。どんなウマコテも、映像の四角い枠でどこかによっていることはほぼない。真ん中で撮れるようにするか、カメラの向いている方向を動かそう。カメラについてさらに言うともっと高い位置から撮った方がいいんじゃないかな。

■hikariさん
非常に滑らかに回せていると感じるので、パス系統の技術について滑らかさでは今の間のままキープしつつ、更にスピードを上げて回せるようにするとFSの印象もグッと変わってくる。またhikariさんは構成面での物足りなさが非常に大きい。滑らかなパスは武器になりうるのだが、KTや非対称のペンを回すのであればパスだけでなく、アラウンド、スプレッドも使えるようにした方がいい。またパスも基本的なパスだけでなく、ソニック系統やスキップ系統、ピボットと組み合わせて使うようにするとより構成面において幅が広がるだろう。

■Dreamer’さん
FSを作る技にはパス系統のほかに、ノーマル系統、ソニック系統、ガンマン系統、アラウンド系統がある。Dreamer’さんのFSは一部ウィンドミルや5シメバクアラがあるものの、全体としてソニックひねりやパスに偏りがちで、まだまだ覚えるべき系統の技がある。上手い人は皆、自分がやったことのない技に挑戦し、出来るようにし、そしてFSに入れるようにして今の上手さになっている。最初から出来ることは少ないので、もっといろんな技に挑戦し、もっといろんなFSを撮るようにしてみよう。

■Limさん
真上から撮られたFSはパスもキレイで滑らかな印象を受けていい。横から撮ったものは手がウネウネ動いてしまっており、ペンの動きがイマイチ良く見えないのが残念か。
出来るコンボの数がまだまだ少ないように見えるので、色んな人の動画を見て出来る技を増やしていくべし。

■CeNtiさん
構成をしっかり組んで見せ場となる技がはっきりしている点がよく、キレある回しが出来る点が好き。パスとガンリバ系のコンボをはじめ個々の技は目を見張るものがある。
ただパス中心の構成で組むことが多いので、FSの秒数が短く、あっという間に終わってしまい若干物足りなさを感じることも。アラウンドとシャドウの比率を上げて、もう一つ二つ見どころを作ってあげると、今の持ち味であるパスとガンリバ系のコンボが際立ちつつ、FS全体として印象に残るものになると思う。

■Uvinasさん
『Novel Pastime』のときはVPを回しきれていない様子だったが、最近Twitterに上がっている動画を見るとその点は改善されているように感じる。他で見ない技もいくつか見受けられるため、そういうコンボをストックしておいてCVのために撮影するときに使えるようにしておくといいだろう。また安定感はついてきているように感じるため、この安定感をキープしつつ、回しのスピードを上げていくともう一段階カッコいい動画を撮れるようになるだろう。

■Grimさん
まず環境面から、『Magnificient』よりも、最近Twitterで上げている動画の方が見やすい。明るく、真上からなので指の動きがよく見え、カメラが近いからだろう。このままの環境で継続して撮ってほしいところ。もしかしたら腕の角度に対して垂直に映したアングルも映えるかもしれない。
FS自体については、VPでピボットを交えて滑らかなパスが出来るのは見ていて安心できる部分。手伏せよりも手を起こしたままの技の方が、滑らかに回せている上に、ペンがよく回って見える。Grimさんの場合は手を起こしたままの技の開拓を進めるといいだろう。

■Nemuriyaさん
細かい小技をあれだけ立て続けに、しかもあれだけの安定感でこなせるのは非常に武器である。
CV提出した動画だと若干粗さが目立つが、他のTwitterに上げられている動画を見ると基本的な技術力は高いのだと感じる。
CV用では若干背伸びぎみなのかも。Nemuriyaさんの場合は技選びが重要か。出来るか出来ないかギリギリの構成よりも、複数ストックを撮影することができ、キレや緩急をどう表現するかを錯誤出来るオーダーのほうがいいかもしれない。
あと考えられるとしたら撮影環境。Twitterの6/27にアップされているペンをもらったお礼の動画や、Resideのコピー動画は非常に滑らかで、つっかかりも感じられなかったので、今の斜め前にカメラを置くよりも、窓隣か手前から映すアングルやその時撮ったカメラを試す価値はある。

■一色さん(Twitterに貼られていた7/7の動画から)
ある程度のスピードで綺麗に回せているが、技の繋ぎ目でガタつく箇所があり、粗さがまだまだ見られる。だが、これほどカメラが近い状態で、手のブレが少なく回せるのは良い点である。
パス中心のFSなので、他の系統の技にも手を出してみよう。

■hinagiku
両手技の安定感が素晴らしい。両手スピナーは数少なく、またFSのバリエーションを多くみたことがないので、両手の回しそのものに可能性を感じる。個人的には両手の路線でこのまま突き詰めて行ってほしいという願望はあるが、ご本人はどうなのだろうか。
JEBの両手スピナーと言えば、Kay、ponkotu、TMrW、oZoneあたりがいるだろうから、まずはこれらのスピナーの研究をするといいだろう。見かけた動画は1P2H(1本のペン、2本の手)が多かったが、2P2Hも練習するとより両手の扱いに慣れていくと思う。もっと成長したhinagikuさんにしか撮れない演技をぜひ見てみたい。

■hiraPさん
あんまり動画を撮ってないのかな?Twitterの単発程度でしか見れていないが、2軸スプ連打はやってて楽しそう。自分は出来ないので羨ましい。
動画をアップすることでより詳しくアドバイスがもらえたり、自分がhiraPさんのことをよく知れたりと交流も深まるのでもっと動画を撮るべし。

■Tigresさん
ちょっと前の動画、なんとなく画の雰囲気がふた昔前のLotusさんを彷彿としていた。とまあこれは置いておいて、全体的に滑らかでスピーディーに回せている点は見ていて非常に気持ちがいい。ただ手が若干ふら付くのでこれは修正したい点。構成面では一定の回転方向で回し続けることも多く、FSのなかでフェーズの差が見えないのが惜しい。

■Paraさん
独特な指使いをしつつ回す個性派スピナー。ウィンドミル・インフィと他系統の技を組み合わせつつ一定の滑らかさと安定感をキープしている点がレベルの高さを感じる。色んな系統の技を入れるのが苦でなく、また指使いもバリエーションに富んでいるため見ていて飽きることがない。環境も見やすいものなので、あまりあれこれ言うことがないのだが、手が動きすぎるのは直した方がいいかもしれない。

■chamaさん
最古参の一人だが、今なお研鑽を続けているスピナーの一人と言える。最近見たハーモニック中心のFSはそんな構成ありかよとも思ったが、完成度がそもそも異常というだけで許されてしまうのかもしれない。
chamaさんが何よりすごいのは、これだけ長く活動しつつも、FSのバリエーションが多岐にわたる点である。時代時代で明確にFSのテーマが異なるのだが、完成度・構成いずれかでいつでも最高水準の技術を持って来れるのはchamaさんくらいだろう。最近の完成度極めたFSも好きだが、ラダーや13チャージを多用した8~9年前のFSも好き。


-------------

はい、こんな感じ!!!!!

--------------
ちなみに真昼間からツイッターでいざこざを起こしてしまったのだが、経緯を簡単に話すと

「感想を求められて素直に言われて傷つくくらいなら求めてくるな。」
というMevesさんの意見に対して、自分が
「相手が傷付いても構わない、と思う人には感想を求めなくていい。」
と、Mevesさんの意見を引用する形でツイートした。
それに対してMevesさんから
「自分は人を選んでます(舌を出した顔文字)」というツイートだったので、「本当に分かっているならそんな顔文字使いませんよね」と返信。
それに対し、Mevesさんは「これは感想じゃないので(そんなことしなくてもいいんです)」と返信、「自分がコメントするときはそんなことしてないのに」と返信でない部分でツイート。
論点を完全にズラされ、聞く耳を持ってもらえなさそうだったため、ツイートでどうこうするのはやめることにした。
そんな経緯である。

自分が問題にしたいのは、「アドバイスする側は求められたら何を言ってもいいのか?」という良心の問題である。
「ペン回しが上手いだけで偉そうに振る舞っている」という意見を多くはないものの見ることがあるが、それがあるのも、こういう態度を悪気もなく出す人がいるからじゃないか?
今回自分は、少なくとも良心ある対応をされたとは思えない。

説教臭くなってしまったが、そもそもとして「人に教えるために、アドバイスするためにペン回し上手くなったわけじゃない」という人もいると思うし、もちろん「ペン回し上手い人は自分の影響力を考えていい人になれ」なんて言うつもりもない。
だが同じペン回しという趣味を愛好する人に、相互に配慮できる思いやりがあってもいいのではないか?とは思う。
もちろん、今回のケースはノイジー・マイノリティー(「声高な少数派」「声だけでかい少数者」)であって、ほとんどの人が、自身の良心に基づいて自分なりに伝わるように感想やアドバイスをしていたので、界隈全体としてみたらほんの些細な問題ではある。
ただこういった考えがいる人がいることも事実であるので、この場で記録として残しておく。

どことなく始まった今回の企画だったが、新たに得たものがあった人もいるだろうし、自分自身いろんな人の意見を読んでいて「なるほど」と思う部分も大いにあった。
普段自己主張をしない人も、機会があれば「あえて語る」ようになることが分かったのも発見であった。

「議論」は自分の考えを深めて知らない世界を知る上で非常に大事な営みなので、もっともっとツイッターやブログを使って相互のコミュニケーションをとる場が合っていいと思う。

だが相手に対してどう思っているかを伝えるとき、評価をするとき、上手くなるうえでアドバイスしあったりするときには、「相手がどう思うのか?」は常に注意してコメントしたいものである。

マザーテレサの言葉で、こんな言葉がある。

「思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。」


ペン回し界をよりよく盛り上げるための思考が出来るようにしていこう。
ペン回し | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。